元オリンピック新体操団体日本代表の畠山愛理さん華麗なフォームで始球式に登板。


元オリンピック新体操団体日本代表の畠山愛理さんが2019年06月15日に札幌ドームで行われた日本ハム-巨人戦の始球式に登場しました。
畠山さんはさすが元新体操選手と言わんばかりの柔軟性あるアクロバティックなパフォーマンスを行ったとして現在話題になっています。
ここであれこれいうより一度動画を見てみることをおすすめします!

参考動画はこちら!
パ・リーグ.com / パーソル パ・リーグTVの公式ツイッターと公式ユーチューブチャンネルに実際の映像がアップされているの確認してみてください!





YouTube動画はこちら


タレントや有名人による始球式はあくまでも野球の試合のおまけ的な立ち位置にあるもので、野球ファンや野球選手の方々に配慮が欠けていると、まれに始球式に参加した人間が批難されてしまうこともあります。しかし、多くの場合、球場に足を運んでいる観客たちは暖かい気持ちで歓迎してくれ、野球ファンの礼儀正しさを感じることができます。

今回畠山さんが行った始球式の形は、ただ球を投げるだけにとどまらない元新体操選手としてある意味観客たちに魅せる始球式でした。
畠山さんの始球式についてネット上の反応では、「スゴイ」と称賛する声や、「マンガの世界」と表現する声、そして「これはボークではないか!?」と野球ファンだからこそコメントできる内容だったりと様々で、反応を見ていても多くの方が好意的に捉えている始球式のように感じました。
中でも映像の一部として映る日本ハムの栗山監督の畠山さんの始球式をたたえるような暖かい笑顔が印象的でした。

あくまで始球式という場にお邪魔している立場の中で、新しい魅せ方を実行するのは称賛だけでなく否定的な意見をされることもありますが、そんな中で畠山さんが野球という世界の一部の中で新体操を上手く絡めたのは素晴らしいことだと考えます。

新体操に興味のある方は今回の畠山さんの始球式を通して野球について興味を持ち、逆に野球に興味を持っている方たちは、畠山さん本人はもちろんとして新体操という競技について興味を持ってくれた方もいるかもしれません。

こうして考える畠山さんの新体操界にかかわる貢献度は多大なものです。

引き続き畠山愛理さんを応援するとともに今後のご活躍にも期待したいところです。

そしてまた始球式に登場する機会があるならば、次はどんなフォームで投げるのか気になります。
またそちらのご活躍も期待したいところです。




いろいろComment (0)

実は新体操用の小さな「マイフロア」が発売されてるんです!

新体操クラブや新体操教室は日本はじめ海外にはたくさんの団体がありますが、その中に実際の大会などで使われる「マイフロア」を保有しているところは一体どのくらいあるのでしょうか?

おそらく全体の半分にも満たないだろうというのが個人的な予想なのですが、実際のところはどうなんでしょうかね。

本番用のフロアはそれなりの大きさなので場所をとります。また、体育館を独自に保有しているクラブ以外は、練習のたびにいちいち設置する必要があるためかなり面倒だと思います。

今回紹介したいのは、その代用品としてちょっとした練習に使えるかもしれない新体操用のフロアを商品化したものです。

商品は株式会社 おさるの森が販売している150x150cmの小さな個人用の「マイフロア」という商品です。

sub7-min.jpg
商品の説明欄には以下のような説明がなされています。
体操用持ち運びが可能なミニマットです。本番用公式マットと同じ肌触り、回り心地を追求し、毎日の練習で自分だけの本番フロアでトレーニングできるよう制作しました。
遠征時の公式練習時以外でもフロアを使うことができたり、自宅でもピボットやバランスの練習に活用できるなど用途は様々です。
サイズは150×150(cm)のためお子様でも持ち運びが軽く全国のチームから発注がかかるほど大人気の新体操アイテムです。
名入れも無料で行っていますので、お問い合わせ下さい。
商品やサービスのプレスリリースを紹介するPR TIMESでは、この株式会社おさるの森の「マイフロア」という商品をより詳しく説明しています。

【メリット1】遠征先で使える本番用フロア
【メリット2】自宅を練習場にできるフロア
【メリット3】毎日の練習にフロアを持ち運びできる
【メリット4】発表会の写真撮影にはもってこい!
大きく分けて4つのメリットを提示、実際に購入して使用しているクラブの写真も一緒に掲載しているので、もし興味のある方は見てみることを薦めます。

また、株式会社おさるの森では、小さな「マイフロア」のほかに、本番用の大きさの「フロア」の販売もしているみたいなので、興味のある方はWebサイトをチェックしてみてください!

2019年は「マイフロア」使って新体操の練習してみませんか?

販売している企業はこちら

「マイフロア」の商品ページはこちら

PR TIMESのプレスリリースの紹介記事はこちら


ちなみに、4分割印が入った新体操フロアも販売されているみたいなので、気になる人はチェックしてみてください!







いろいろComment (0)

2019新年あけましておめでとうございます!

2019年新年あけましておめでとうございます。
昨年も当サイト「新体操速報」をご訪問いただきありがとうございました。
昨年の更新頻度は月一程度の不定期更新となってしまいましたが、新体操関連のニュースとしては比較的多く、新体操がより世間に浸透していったような印象を受けました。

中でも印象的だったのが、新体操選手として活躍引退後の畠山愛理さんの多方面での活躍です。当サイトでもいくつか記事にしましたが、テレビや雑誌、CM、そして自身の写真集などその活躍の場を多方面に広げておられました。畠山さんの活躍を通して、新体操の注目度がぐんぐんと上がっていったような印象です。





ただ注目度が上がっていったのはそれだけではなく、その背景としてやはり一役買っていたのは本筋である新体操フェアリージャパンPOLAの活躍でしょう。フェアリージャパンができてから10年以上経ち、世界の舞台でも徐々に結果を残せるようになってきました。また同時に、フェアリージャパンという愛称も馴染んできたように感じます。ただ、新体操が様々な場面で触れられ、それを一時の印象で終わらせないためには、やはり競技として世界での実績、競技人口、そして、新体操に興味を持ってくれるファンの量などを獲得してもらいたいと考えます。

世界舞台での結果が伴っていけば、競技人口やファンというのは徐々に増えていくものです。しかしながら、「実績」というものだけは偽ることができません。

新体操強化本部長の山崎浩子さんが推し進めたスタイル重視の選考や、ロシアの地で練習をする方法など、その様々な方法と経験が実績として開花してきたものなのかもしれません。

昨年、またそれ以前も含めてですが、フェアリージャパンを特集したテレビ番組がいくつも放送されました。その中でも、より最近放送されたばかりである2018年12月4日(火)放送のNHK『グッと!スポーツ』「華麗に舞う 新体操 フェアリージャパン」は特に印象的でした。

出演されていたフェアリージャパンPOLAのメンバーの笑顔ある明るさや練習の日々でのエピソードは見ていてとても楽しかったです。そして、フェアリージャパンを支える山崎浩子さん(ヒロチン)のたくさん考えが紹介された番組でもありました。ちなみにヒロチンというのは山崎さんのフェアリー内での愛称のようなものです。指導者とその教えを受けるものという上下関係がはっきりした関係でありながら、そのような和やかな雰囲気を作りだせているのは、山崎さんの功績の一つなのかもしれません。

昨年は本当にスポーツ界のパワハラが目立った年だったので、それらの事例とは異なる良好な関係であることがわかったのでとても良かったです。もちろんテレビでの印象などどうとでも変えられるため、真実というのはなかなか表には出てこないでしょうが、それでもそういう目を持って見たとしても、和やかな雰囲気が山崎さんを含めフェアリージャパンには漂っていたように感じました。

番組の中で山崎さんが語られていた、「ジュニア選手は現在各クラブまかせで、全然お金がかかってないから、お金を引っ張ってくる」という類の話はまた特別に印象的でした。

より世界の舞台で実績を残すならば、早い時期に良い教育を施すのは良策だと考えます。予算が潤沢にあるのか、そうでないかは選手たちを育てる環境がまるで違ってきます。しかしながら、新体操が実績を出せる可能性がないと思われば、その資金を上手く調達することは難しいです。

ちなみにですが、フェアリージャパンのメンバーがロシアで共同生活している部屋のベッドはもう少し大きなベッドを与えてあげてほしいなと感じました。あれで日々の練習の疲れがとれるのか心配になりました。こういう環境も資金的な事情も絡むので難しいのでしょうが。

そういう中で、昨年は新体操というスポーツの露出度が非常に多かった年だったように感じます。もちろん比較的という限定的なものではありますが、日本の新体操の中ではオリンピックの年でもないのに注目されたのではないかと感じます。

ジュニア選手が各クラブ任せであるという問題は長年指摘されていたものであり、当然実際に長年指導をする山崎さん的にはもっと早く解決したい問題だったのではないかと予測します。しかしながら、未だにそういうプレゼンをしなければいけない現状にあるのはやはりプレゼンをしてもさほど資金を集められるほどの実績がなかったからでないかと、番組を見ながら考えていました。でも同時に、今ぐらいのメディアの露出度があれば、少なからず資金を出してくれるスポンサーが見つかるのではないかとも感じました。

当サイトでも新体操とお金の問題について以前に触れたことがあるのですが、新体操は端的に言えばお金を集めにくい競技だと考えています。山崎さんが話していた「ジュニアは各クラブ任せ」という話もありましたが、実はその各クラブ自身が経営に四苦八苦するほど資金的に厳しいのではないかと予測しています。当然クラブ自身が試合と同じような大きさのマイフロアを所有しているクラブなど、おそらくそうはないでしょう。

だからこそ、世界に挑戦するメンバーが集まるフェアリーにはそういった環境で練習するメンバーをいち早く集めて、早期に良い環境で練習させられるようになってほしいなと感じます。その方が特に団体種目であるならば、メンバーのジュニア時代のフロアなしで練習していたときのくせなどを軽減することができ、よりシンクロ性を高められるのではないかと感じました。


話は少し変わりまして、昨年の1年間で当サイトで最も人気記事は2014年に書いた「新体操におけるダイエット法とモチベーションについて」というものでした。そして同時に、「【新体操と健康問題】なぜ新体操界ではときに無理な減量指導が行われてしまうのか?という考察」という2018年に書いた記事や、それ以前の「新体操選手が行うべきダイエットについて」や「日本の新体操トップ選手が語る食生活事情について」などの新体操に関わる「ダイエット」や「食生活」の問題の記事アクセスが特に多かったです。

この背景にあるのは、フェアリーのスタイル重視の背景も少しは関係しているのではないかと感じました。

新体操とスタイルの関係をどこまで追求し、またその問題どのように指導していくは非常に難しいものだと感じます。ときに問題になる体罰という指導なき指導とはまた変わった性質を持っているのが、このスタイルに対する指導だと思うのです。スタイルへの指導は、一歩間違えれば体をボロボロしてしまう懸念があります。また、体重や気持ち的なコントロールは人それぞれ違うのでとても難しいものであるはずです。

体を作らなければいけない大事なときに、このようなことに悩み過ぎている不安な子たちを少しでも減っていくことをまた同時に行ってほしいと切に願ってます。

フェアリージャパンの指針というのは結局のところ日本の新体操の指針となり、それは全国大会はもちろんのこと地方大会まで考えが下りてきて、採点に影響してしまいます。

採点競技の宿命と片付けてしまうにはあまりに軽率なので、そのあたりを新体操に関わっている人が苦しまなくてよい指導や風潮が作り上げられるといいのになと思います。色々と難しいことばかりでしょうが、期待したいと思います。

少なくとも2019年は新体操とスタイルの問題について、悩む子がより少なくなってほしいです。そして、より新体操の露出が増える年になることを望みます。多くの新体操選手たちはもちろん、その指導者も含め、穏やかで平和な1年になることを願います。

2019年もよろしくお願いします。
shintaisosoku151001_top_cmp.png



いろいろComment (0)

【新体操もある】有名人大集合!中国で開かれた大運動会!!

2018年11月、中国で150人もの有名人を集めた大運動会が開催されたので、新体操に関わる部分のみ紹介してみます。

主催企業は腾讯(テンセント)

テンセント(中国語:腾讯、英語:Tencent、繁体字:騰訊、拼音:Téngxùn)は、中華人民共和国広東省深圳市に本拠を置く持ち株会社で、インターネット関連の子会社を通してソーシャル・ネットワーキング・サービス、インスタントメッセンジャー、Webホスティングサービスなどを提供している。

テンセントは中国にある企業の中でも比較的大きな会社であり、SNSアプリやニュースサイト、動画サイトなど様々なインターネット関連のサービスを提供しています。

日本ではメッセージアプリというとLINEがよく使われていますが、中国ではLINEは使えないので、それに代わるメッセージアプリとして人気のWeChatQQというアプリを開発しているのがこの腾讯(テンセント)という企業なのです。

今回の大運動会《超新星全运会》を運営したのは、腾讯(テンセント)グループの中の腾讯视频(動画サイト運営)と腾讯体育(スポーツ報道サイト運営)です。また、その他多数の企業によるスポンサーのもとこの大会は開かれました。

運動会の様子は動画サイトである腾讯视频で独占配信され、日本国内の規模では考えられないほどの非常に多くの人が見る番組になりました。

ちなみに、この番組の内容を知らせる予告動画では、実に5000万回以上(執筆当時)が再生されています。

上記リンクのタイトルには「艺术体操太美了!(=新体操がとても美しい!)」という煽り文句が書いてあります。

中国語が読めないため今回はGoogle翻訳多用し調べているので和訳の正確性については不確かです。

そして、有名人の方が出場する競技については、番組の台本や構成上など決め事は多少あるのでしょうが、それぞれの人が自分で出たい競技を申し込む姿も動画として配信されていました。

新体操競技の出場者は?

新体操競技の出場者は、以下の画像の名前の方々です。
この画像は《超新星全运会》 第2期:近150位超新星比赛项目公开 杨超越闭眼射箭9环という動画の2分36秒ごろを引用させていただいたものです。
20181111_0001.png

ちなみにですが、新体操のことを中国語で「芸術体操」と訳すみたいですね。英語だと「Rhythmic Gymnastics」と訳されますから、中国では新体操の最初のイメージが、"芸術的な体操"という位置付けで、英語圏では"リズミカルな体操"というイメージだったということですかね?しかし、一方の日本ではリズムも芸術という言葉も使わずに、単純に"新しい体操"ということで「新体操」と訳したというのはなかなかおもしろい価値観ですよね。日本の新体操が新体操という名前になった背景について以下の本に触れてられているところがあるので、そちらも興味があれば参考にしてみてください。

話はそれましたが、今回行われた中国の有名人の方々について、それぞれの方がどんな人なのかということについては、ブログやSNSアカウントのリンクとともに、一応全員分紹介してみます。(※徐々に追記という形で紹介予定)


もし日本でこの大会を開くとしたらどうなるだろうか?

今回中国で開かれたこの大会を日本で開いたとしたらどうなるでしょうか?
一応中国の今大会の正式名称は《超新星全运会》というもので、どうやら最近人気の若者が出る運動会となっているみたいですね。

ちなみに、韓国では韓国版《超新星全运会》というものがすでに開かれたことがあるようなので、もし日本で同じような運動会を開くとしたらどうなるだろう?と考えてみました。

日本の運動系の番組といえば?


すでに存在する有名人を集めた運動大会というと、スポーツマンNo.1決定戦リンカーン芸人大運動会などという一つの番組として放送されているものや、番組の中の一企画として行われているものがあります。

あとは「オールスター感謝祭」の一つの企画である「赤坂5丁目ミニマラソン」や炎の体育会TVなどという番組も運動会とは異なりますが、スポーツをテーマにした番組の一つとして捉えることができると考えます。ちなみにですが、ここで挙げた4つの番組は、よくよく調べるとすべてTBS系の局で放送されているものでした。

しかしながら、今回中国で行われたスポーツ大会というのは、この手の番組とは明らかに規模が違うものです。この大会はどちらかというと有名人・芸能人版のオリンピックのような番組で、バラエティーの雰囲気はもちろんある大会なのですが、それでいて意外とちゃんとしている大会になっているのです。

たとえば、新体操であるならば、演技終了後は実際の世界大会などと同様に煌びやかな専用のスペースで自分の得点表示を待つ姿が映し出されていました。当然、番組としてやっているものなので、しっかり解説の方もいらっしゃるような状況です。



日本で開かれるとしたら?新体操経験者の有名人

日本で同規模の大会が開かれる場合についてここでは出場者として可能性のある人々をを挙げさせていただきます。一応補足情報として、新体操経験を示すソースやその人自身がどういう活動をしているのかという情報も合わせて書いていこうと思います。

ちなみに、中国での大会もそうなのですが、出場者は新体操だけをやったことがある経験者というわけではないようです。たとえば、バレエを習っていた人、ダンスをやったことがある人など、必ずしも新体操経験のみのある有名人に限らないということです。

したがって、ここでは新体操経験者の有名人の名前を紹介してみます。一応大会の主旨に合わせて、「超新星」ということなので、比較的若い10代から30代半ば位の年齢の範囲を目安に紹介してみることにします。


畠山愛理さん
新体操元日本代表経験を持つ畠山さんは有名人という枠組みで切り取るのであれば、圧倒的に新体操が上手な人であることは間違いないことです。もし、たくさんの有名人が集まる大会が開かれたとしたら、この方なしには始まらないでしょう。もとになっている大会が「超新星」という冠が付いているのであれば、その名前にふさわしい活躍をされている人気の方であると思います。個人的な希望では、演技および解説の二つを担当してもらいたいです。ちなみに、最近写真集を発売したばかりなので、気になる人はチェックしてみてください。





佐々木希さん
新体操とバレエを8年間やっていたみたいなので、出場する資格は十分にあります。過去には「新体操をしていた経験を生かしてY字バランスでポーズを決める姿」がCMに映し出されていました。今年の9月にアンジャッシュの渡部さんとの第一子を出産したばかりであるので、たとえ大会が開かれることがあっても時期的にも難しいような気がしてます。しかし、知名度という面においても、もしそういう大会が開かれるのであれば、ぜひ出てもらいたい人の一人だと思います。妄想が過ぎると思いますが、行列のできる法律相談所の中で、渡部さんがめちゃくちゃ上手い告知をするまでがセットだったとしたら、とてもおもしろいですね。





百田夏菜子さん
アイドルグループのももいろクローバーZの赤色を担当している百田夏菜子さんも新体操経験者です。アイドルグループの一員であり、代名詞の「エビ反り」ができるほど体が柔らかいです。ちなみに、百田さんの有名なエビ反りは、百田さんが新体操経験者だったということを知っていたスタッフさんによる提案があってやるようになったみたいです。
番組では、代々木公園で路上ライブをしていた過去を振り返り、百田が新体操をしていたことからスタッフに「ジャンプできるか?ちょっと反れるか?と言われてやってみたら採用された」と“エビ反りジャンプ”の誕生エピソードなども披露。
ももクロの曲に合わせて演技をすることがあれば、ファンの方は喜ぶだろうし、ももクロの曲を宣伝することにもつながると思います。





萩原みのりさん
昼顔』『ゆらり』 『心が叫びたがってるんだ。』など話題作への出演が相次ぐ若手実力派女優の萩原みのりさんも新体操経験者です。部活として新体操をやっていたと語っています。
――このドラマは合唱部が舞台ですが、萩原さんは学生時代、どんな部活をしていましたか?
私は、中学校の時、とても厳しい新体操部に入っていました。技の練習の時、先生から「1回ミスしたら100回やりなさい」と言われて、体育館の隅で100回練習したこともあります。でもそれが楽しかったし、そのおかげで内面が鍛えられ、今に繋がっているんだと思います。今やっている筋トレも厳しいし辛いのですが、だからこそ楽しいと思えています。
さらに、プロ新体操選手を目指していたという過去があるようです。しかし、けがで断念してしまったようです。
実は私、その少し前にいちど夢を諦めた経験があったんです。プロの新体操選手になりたくて、小2からずっとトレーニングを続けていて、中学も強豪校へ進んだんですけど、体を壊してプロを断念せざるを得なくなって……。スカウトされた頃は、「もう夢とかいいかな」ってネガティブになっている時期だったんです。だけど、声をかけてもらったことが、新しい夢のきっかけに感じられて。実際に演技レッスンに通うようになってからは、どんどん魅力がわかってきて、今では女優の道でがんばることしか考えてないです。

道は違えども、こうしてたくさんの作品に女優として出られるということは、やはり表現者としての魅力があったのかもしれませんね。もし、夢のような大会があったとしたら出場してほしく思います。数多くのおもしろそうな映画に出演されているので、気になるものがある人は各種情報をチェックしてみてください。
















柿崎芽実さん
人気アイドルグループひらがなけやきのメンバーとして活躍している柿崎芽実さんも新体操経験者です。以前書いた「今知っておきたい新体操に関わる映画・MVなどの映像作品2018」という記事の中で紹介しているのですが、1stアルバム「走り出す瞬間」のリード曲として公表されている楽曲の『期待していない自分』というMVの中で新体操(リボン)演技を披露しています。また、「あゆみ」、「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」、「ザンビ」などという数々の舞台にも出演(予定)されています。




グループとしては2018年12月11日より「けやき坂46 ひらがなくりすます2018」という武道館ライブが開催されるようです。ちなみに、なんとけやき坂46(ひらがなけやき)は2018年という1年間は実に7回も武道館でライブをしていることになるみたいです。中国の大運動会でも、観客席に熱狂的なファンの方たちがいたので、「ももクロ」や「ひらがなけやき」といった人気アイドルグループを支えるファンの方たちが現地で応援してくれる大会になると、また盛り上がりそうな印象です。




※新体操経験者の有名人は他にも該当してますので後日追記予定です。


おわりに

今回は中国で開かれましたテンセント主催の《超新星全运会》という有名人大運動会の話題を取り上げてみました。今勢いのある有名人(超新星)の方たちが一堂に会して大きなスポーツ大会をするっていうのはとてもおもしろいですよね。

有名な歌手、バンドやアイドルグループといったメンバーが同じ番組の中で歌を披露するという形はすでにあるので、歌ではなくあえてスポーツをして競い合ってみるというのも出演者同士、また見ている人に対しても、それまでになかった刺激を与えられる番組になるように感じてます。

人気、そして影響力のある人々が競技を実際にやって競い合ってくれるというのは、スポーツだけでなく、その競技に対して注目が集まるので非常に良いことだと感じました。

出場される有名人の方は、当日までにしっかり練習を行っていて、その様子をSNSなどにアップする姿がありました。影響力のある多忙な有名人の方が、一つの番組のために頑張って練習し、努力する姿を見せると、その人自身には興味があるけれども、その人がやる競技には興味のなかったという人は、徐々に当日までの練習姿というストーリーを見ることで、その競技に対して思い入れが大きくなってくると考えます。もしかしたら、それきっかけで新たにその競技への道に進もうと考える人が出てくるかもしれません。

逆に、競技に対しては興味があるけれど、出演者に対しては興味がないという場合でも、自分たちが興味があるスポーツというフィルターを通して、出演者に対しても興味をもつきっかけになりえるかもしれません。また、有名人たちが練習で苦労している姿を見ることで、実際に今現在部活やクラブといった場所で習っている人々も、もっと頑張りたいと思うきっかけになるかもしれません。

そういう意味で、こういうスポーツ大会というのはとても素晴らしいイベントごとだと考えます。今回は中国で開かれた大運動会の紹介と、もし日本でそういう大会が開かれたらという妄想を書いてみましたが、さすがにこの規模の番組を作るのは難しいとは思いますが、スポーツ活性化のためにもいつか開催される日が来たら良いのになと感じます。





特集Comment (0)

2018年11月07日の畠山愛理さん1st写真集『CONFESSION』発売について。

新体操元日本代表選手だった畠山愛理さんが、2018年11月07日に自身の1st写真集『CONFESSION』を発売しました。




畠山さんのTwitterなどをフォローしている方は、すでに前もって告知がなされていたのでご存じのことだと思います。

新体操の日本代表を務めた選手がこういった形で写真集を出すのはこれから先もそうはないことだと考えられます。また、アスリート全体で見ても、ごく一部の人にしか出版の依頼が来ることがない非常にまれなことだと認識しています。

畠山さんに写真集の依頼が来たという事実は、元日本代表の新体操選手だったという要素以上に、畠山愛理さん自身が持つ可能性の力が大きいような印象を抱いています。雑誌、テレビ、公演、イベント、イメージキャラクターなど新体操引退後の活躍が評価された結果といえる出来事と言えるのではないでしょうか。

写真集の話を一度断った?


しかし、当初畠山さんはこの話を断っているようです。畠山さんの写真集発売を紹介するニュースサイトにはこのように書かれています。

写真集の出版をオファーされた際は「お断りした」という畠山だったが、「引退した今の自分を残すのもいいかと思ったし、最近は小学校や中学校で講演することが多く、子供たちには、何事もやってみようと話しています。写真集はやらないだろうなと自分で決めつけてましたが、子どもたちに話していることをやれていないと思ったので挑戦しようと思いました」と悩みながらも受諾したことを告白した。

畠山さんが新体操引退後も様々なことを悩みながら、一度は写真集出版を断った中で、再び出版を決意したきっかけが、自分の公演での言葉を自分自身が実行しなければいけないと考えたからというのが、畠山さんの責任感を全うしようする姿勢が表れていてとても良いことだなと思いました。

特に、畠山さんがきっかけの一例に出していた小中学生というのは、大人たちが気にする必要もないような小さなことに悩むこともたくさんあるような時期です。大人たちは自分たちが直面している問題と小中学生の子供たちが直面している問題を単純に比べ、子どもたちに本気で向き合うことをせずに、子どもたちの対応をないがしろにしがちです。言葉に責任感を持つことをせず、ときにはダブルスタンダード、ときにはその場しのぎの言葉で子供たちの対処をしようと考えている人も少なくないと考えます。でも、そんな中で、講演会を通して小中学生に言った言葉を自らの姿勢をもって見せるという行動にとても尊敬します。

本当にこのような考えのもと写真集の依頼を受け入れたとならば、今後もたくさんの講演依頼が来るような印象です。





この出版が新体操にとって有益か?

元新体操選手として今多方面で活躍されている畠山愛理さんが、新体操界にとってたくさんのものをもたらしてくれたのは言うまでもありません。それは新体操の世界の外を出て活躍できる方が多くはなかったこともそういう形になった理由でしょう。ましてや、畠山さんのように日本代表としてオリンピックにまで出た選手がその後新体操とは別の場面で活躍するということ自体が、以前であれば考えもつかないようなことだったと考えます。

畠山さんの新体操引退後のご活躍、そして今回の写真集出版も含めて、新体操というスポーツが世間に注目されるような流れを作るきっかけになるのではないかと期待しています。そういう意味で、今回の写真集の出版は畠山さんの個人の活動としてだけでなく日本の新体操というスポーツにとっても有益なものとなることだと感じました。

しかしながら、日本の新体操世界の影響として必ずしも有益なことばかりではないのではないかという懸念もなくもありません。ここで、そのことについて深く言及することは、畠山さん自身のご活躍に水を差すことになってしまうかもしれないので、新体操を変な形で消費する形にならなければいいなという願望だけ残して終わりにしたいと思います。






畠山愛理さんTwitterと出版社Twitterをチェック

今回畠山さんの1st写真集が発売される出版社『講談社』運営のTwitterでは、畠山さんの写真集に関する情報を発売前から何度も写真とともにツイートしてくれています。

また、過去の講談社から発売されている写真集の宣伝を参考にしても、発売開始後はもちろんのこと、発売が経って日数が経っても、写真付きで宣伝を何度も行うことが多いみたいなので、フォローしておくとより写真集についての情報が得られると思います。講談社の写真集は宣伝が上手で他の出版社の写真集より売れる傾向にあるということなので、畠山さんの写真集もその流れに乗れるといいなと感じました。

また、当然のことですが、畠山さんのTwitterをフォローしていない方は、フォローすることをおすすめします。


畠山さんのますますのご活躍を願っています。





特集Comment (0)

新体操とハロウィン。

halloween_chara7_obake.png
久しぶりの投稿になってしまいました。

更新していない期間に、書きたかった新体操の話題がいくつもあったのですが、またいつか書けるときに書いていきたいです。

とりあえず今回はちょうどハロウィンの時期ということで、新体操とハロウィンについて考えを書いておきたいです。

 

新体操とハロウィン

ハロウィンといえば、今では仮装のイメージが世間的にも強いような気がします。イベントごとの少ない10月に、そういう文化ができたのは納得できるような気がしますが、ごみ問題など社会問題に発展しているのは悲しく感じます。街でわいわい仮装するならば、それ以外の人に迷惑をかけないように誰かかしらが舵取りをすると、もっとよいイベントになるように考えます。

ハロウィンについての私の見方はこんな感じなんですか、そこに新体操を掛け合わせると、また新たな見方ができるように思います。

たとえば、ハロウィンの仮装では、楽に仮装できる定番キャラみたいなものがあると感じてます。一般的なコスプレとしてお店で売ってそうな看護師の恰好や、著作権的に危なそうなゲームのキャラクターなど、毎年のニュースで映るのは一定数は決まっています。

しかし、その定番以外にも注目すべき仮装をする人はいます。それは今年のトレンドを取り入れた仮装する人だと私は考えています。

その年にブレークした芸人さんや、アーティスト、スポーツ選手などニュースの話題になった人のマネをするのは、そこに赴く人からも高評価を得られるはずです。人がやらないニッチな仮装を発掘できたなら、私は評価できると感じます。基本はルールを守って仮装をするということは前提ですが。


そしてここである疑問が生じます。

新体操は仮装の対象となるのか?

新体操やその関連はハロウィン時の仮装対象となるのでしょうか?

おそらく、今まで新体操に関わるものについて仮装してみようと考えた人はいないように感じます。

レオタードと手具ぐらいをそろえれば割と既存のもので仮装をすることはできそうでしょうが、見ている人が誰をマネしているのか気づけない以上は、仮装をする喜びも半減してしまうと考えます。

要するに、新体操は世間一般的に見たときに、キャッチアイコンとなる選手がいないんです!

解決策は?

私はこの問題を解決するための方法が2つあると考えています。

一つ目はシンプルに新体操のスポーツとして存在感を世間にアピールすること。これは単純に世界大会、わかりやすくいうとオリンピックで良い結果を出すこと。

必ずしも仮装の対象となることが良いことではないんですけど、その年に新体操が注目されたという指標を得るためには、そういう人が出てもいいと感じています。


二つ目はキャッチアイコンとなるポーズを作ってみること。
仮装される対象なる理由というのは、必ずしも人物が先行する必要はないと考えています。結果を出して、選手として、知名度のある選手を輩出するというのは大切だとは思いますが、それであるならば、現在にも畠山さんのような多くの場面で活躍している選手はいるはずです。まだまだ新体操界の外を飛び越えて誰でも知っているといえないかもしれませんが、存在感はアスリートの中では大きいと考えます。

だからこそ、もう一つ必要な要素というのは、何か人物以外を注目してもらえるシンボルだと思うのです。
したがって、ここでいうキャッチアイコンとなるポーズというのは、フィギュアスケートの荒川さんでいうイナバウアーみたいなものです。
とりあえずそのポーズだけやっておけば、仮装のクォリティーは低くても、誰を仮装しているか認知できるという状況を作り出せるポーズということですね。


人物としての認知とポーズとしての認知があれば、より仮装対象として成り立つものだと感じます。新体操が今後の世界大会で結果を残すことができれば、自然と新体操に注目が集まっていきます。だからこそ、何かもうひと要素あると良いような気がしました。

ハロウィンどうこう関係なくすれば、とにかく良い結果を望むといった感じですかね。

おわりに

マネしたくなる要素がある人やグループというのは記憶に残りやすいですよね。新体操にもそういうシンボルがあればよいのですが、まだまだ発展途上のスポーツなのでこれからに期待したいですね。

今回は新体操とハロウィンの関係について考えていきましたが、よくよく考えると、10月の末に、外でレオタード姿というのは寒いですよね。そういうことを考えると、どれだけ新体操が日本という国の中で、存在感を示すことができても、仮装の対象となることはないように感じます。











いろいろComment (0)

「チームで魅せる! 新体操 団体 上達のポイント50」2018年07月25日発売予定!

昨年の5月に発売された石崎朔子さん執筆の「技術と表現を磨く! 魅せる新体操 上達のポイント50」という本の関連本が2018年07月25日に発売予定という情報があります。

前回発売された書籍はこちらのピンクイメージの書籍でした。

楽天ブックス


私も個人的に購入し読みましたが、写真が多くてとにかくわかりやすく、丁寧に時間をかけて本を作られている雰囲気を感じました。
新体操関連で出版されている書籍はあまりない中で、この書籍は圧倒的に一般向きのつくりをしており、新体操をこれから知ろうとする人にとっても購入しやすい書籍になっていると思います。

そんな良書であるこちらの本の続編ともいえる団体に特化した商品がもうすぐ発売予定となりました!

タイトルは「チームで魅せる! 新体操 団体 上達のポイント50」というもの。

楽天ブックス



前作で個人1人1人が技術と表現を磨いたうえで、団体競技へ応用するためのヒントがこの書籍の中に詰まっているのではないかと予測します。

出版社情報の書籍説明には、
内容情報】(出版社より)
◎ 大好評の「新体操」本 第2弾!

★ 日本一のチームが実践する、競技力アップの秘訣!
日本女子体育大学新体操部をはじめ、全国の強豪中学、高校の練習スケジュールも掲載! !
投げ受け、演技の見せ方、練習法・・・
「団体ならでは」のコツがよくわかる!
必須条件と実施減点への意識で得点力を底上げできる!

登場するチームのラインナップも、ここ数年で中学、高校で日本一になっているチームばかり。
第1弾同様、今作も新体操競技者はもちろん、ファンも必見の1冊! !

◆◇◆ 本書について ◆◇◆

2017年の世界選手権は、日本の新体操にとって記念すべき大会となりました。
日本代表団体・フェアリージャパンが、総合、種目別と合わせて3個のメダル(銀1・銅2)を日本に持ち帰ったのです。
団体総合でのメダル獲得はじつに42年ぶりの快挙でした。
フェアリージャパンの活躍のおかげで、新体操に対する注目度も上がり、
「新体操といえば団体」とイメージする人も増えてきました。
今も、日本全国で小学生から大学生まで多くの選手たちが、
日々真摯に練習に取り組み、自分たちの団体作品に磨きをかけていることでしょう。
未就学児や小学生から新体操を始めるケースが増えていますが、
今でも、中学や高校の部活で新体操を始めたという子どもも少なからずいます。
そして、そういう子ども達は、まず団体をやることが多いようです。
仲間たちと一緒に汗を流し、自分たちの作品を作り上げる。
新体操の団体では、芸術スポーツのもつ魅力を存分に感じられると思います。
が、一方でルールが複雑かつ厳格になりすぎていて、
普通の子ども達にとっては試合での点数や結果ではなかなか成果を感じにくい現実もあります。
自分たちなりにやり切れた! という思いで団体を演じきったときの爽快感、達成感は
何ものにも代えがたい宝物になるはずです。
誰もが輝くことはでき、また誰もが新体操を通じて素晴らしい仲間を得ることはできる可能性をもっています。
今、毎日のように団体練習に明け暮れているあなたに、
団体の面白さや素晴らしさをもっともっと感じてほしい。
この本にはそんな思いがたくさんつまっています。
と、本のターゲット読者に向けて作り手の想いが書き連ねてあります。

この出版物シリーズに感じるのは、新体操をやっている人に何か情報を届けたい!ということはもちろんのこと、今後の新体操人口を増やしたい!というような新体操の新規参入者のためという部分もあるのではないかと感じるところがあります。
すなわち、現在新体操をやっている人たちには今の課題を解決できるような良質なヒントを与えつつ、まだ新体操を知らないものへは新体操が煌びやかで楽しいスポーツであるかのように映るようなそんなイメージを感じます。

新体操をやっている人からの口コミや直接の紹介で、新体操を新たにやるというルートは少なくないと思うので、そんなときにこちらの書籍が新体操がどういうものであるのか新規の人に伝えるのに一役買うのではないかと考えます。



個人的には前作の内容が良かったと考えるだけに、今回の団体バージョンも楽しみな気持ちが強いです!
もし興味のある方は出版情報をチェックしてみてください!


楽天ブックス

紹介Comment (0)

元新体操選手の坪井保菜美さん、小学校で「夢の教室」を開講。

オリンピック出場、世界選手権などに団体メンバーとして出場した経験を持つ元新体操選手の坪井保菜美さんが島根県浜田市の市立長浜小学校で「夢の教室」を開講しました。夢を実現するために努力を続けることの大切さを訴えるこの授業は、長浜小学校の5年生に対し行われました。

この坪井さんの授業を取材する朝日新聞のネットニュースの記事の中では、
坪井さんは、5歳で競技を始め、五輪代表になるまでの選手生活を振り返り、「『できないから』と言ってやらないと成長しない。何が夢につながる道になるのか分からないから、まずは何でも興味を持ってチャレンジしてほしい」と語った。
と伝えられています。

記事に掲載されている写真の中では、坪井さんの授業を笑顔で受ける小学生とやさしく教える坪井さんの姿が掲載されています。現役時代と依然として変わらないスタイルを維持し、写真からでさえ、暖かい風景を想像できるような笑顔のある授業と優しく寄り添い小学生の子たちに語りかけるような姿がとても印象的に感じます。

こういうイベントからまだ新体操に対して興味のない子供たちが、新体操に興味を持ち、やってみたいという気持ちを抱いたとしたら、坪井さんにとっても新体操を応援するたくさんの人にとっても素敵なことだと感じました。たとえ、新体操に興味を持たなかったとしても、別の競技や勉強、学校生活の中で、何か感じものがあって、意味があるものになっただろうと予測します。


坪井さんは現在東京目黒区を拠点としている「シルク新体操クラブ」の先生としてご活躍をされています。坪井さんのTwitterでも坪井さんが教える生徒さん(シルクっ子という愛称のようです)の可愛らしい写真がいくつも掲載されています。愛を持って教えられている印象が伝わってきて、とても微笑ましく感じます。
シルク新体操クラブのWebサイトは以下のリンクからどうぞ。


坪井保菜美さんが5歳で新体操と出会った経緯と新体操を通して成長していくストーリーについて知りたい方は、日経が運営する「カレッジカフェ」というサイトがおすすめです。ここには坪井さん自身が執筆する「新体操のほっち」という連載記事が掲載されています。現在2018年07月02日掲載の記事を含め5記事が掲載されています。
もともとは個人選手としてその実力を轟かせていた選手が、当時団体経験ゼロでありながら、ナショナル強化指定選手の団体メンバーとして選ばれ、歩みを進めていく経験談は読んで損のない内容だと考えます。新体操経験者なら誰でも興味を持てそうな内容となっているように感じますので、もし興味のある方がいらっしゃいましたら、以下に記事のリンクを貼っておくのでぜひ読んでみることをおすすめします!



まだ書きたいことがあるのですが、それは別の記事に譲るとして今回はここで終わりたいと思います。
読んでいただきありがとうございました。


楽天ブックス


特集Comment (0)

アナザースカイで元新体操選手の畠山愛理さんが合宿地のロシアサンクトペテルブルクへ

有名人が海外にある自分にとっての第2の故郷を訪問する人気番組である「アナザースカイ」で、元フェアリージャパンの新体操選手だった畠山愛理さんがロシアで共同生活をした地に再び赴く様子が放送されます。

放送日時は06月08日(金)23:00~23:30
番組詳細はテレビ局のページからどうぞ!

以下番組詳細についての引用です。
番組内容
元新体操選手・畠山愛理が現役時代に合宿をしていたロシアのサンクトペテルブルクへ。当時のフェアリージャパンの共同生活とは?新体操に掛けた熱い想いと第二の人生を語る
詳細
元フェアリージャパン畠山愛理がロシアのサンクトペテルブルクへ。現役時代に合宿をしていた思い出の新体操センターを再訪。フェアリージャパンの知られざる共同生活とは?畠山愛理が現役を退いたいま体験したかったこと…恩師であるコーチと久々の再会!現役時代を振り返り今後の人生を語る
畠山愛理さんの活動についてはご本人のTwitterで告知がたくさん行われています。
合わせてこの機会にフォロー、参照してみてください!



ここからは放送後の番組を見た感想を書いてみたいと思います。

まず感じたのは畠山さんが自分がフェアリージャパンに合格した経緯を理解しつつ、その中で自分が適任なのかと悩んだと述べていることからです。それほど上手い選手ではないと自覚している中で、すぐに海外に行って練習しなければならい状況は見ている周りの人よりも本人が一番酷なことなのではないかと考えさせられました。

選考会という名のその場に行ったならば、良い結果であってほしいと思うのは誰もが思うことであるはずです。そうであるならば、合格したことを1番に喜んでほしいと思うのですが、畠山さんが不安だったり素直に喜べない気持ちを抱いたのは、畠山さんの人の好さが出ているのではないかと考えました。つまりは、自分のことだけでなく他人のことも考えられる気持ちです。「私なんかが…」などという気持ちを分析すると、ある人は消極的であるという評価をすることもあれば、謙虚な人だと称賛する人もいると考えます。

もしかしたら、たとえ実力が伴っていないと自覚していたとしても、そこで合格してラッキーだと思える人は「個人競技」向きで、今回のように自分を卑下し他人を気遣える人は「団体競技」向きなのではないかと考えました。そういう意味では畠山さんは団体選手として素質があったのかもしれません。

チームワークを必要としながらライバル関係という厳しい世界でも、第一に必要なのは自己中心的でないことだと私は考えます。競技に関することならば問題ないと思いますが、別の個人的なことでのちょっとした言い争いが起こったしたら、周りのメンバーは想像以上に疲弊すると考えるからです。ましてや、海外の共同生活ともなれば、基本として人として良くなければ厳しいでしょう。

--
話は少し変わって、今後、畠山さんがキャスターとして活躍するということを確信できた場面が番組の中にありました。それはVTRを見終えた後のMCの今田耕司さんと会話をする場面です。
畠山さんは今田さんの言葉に自然なツッコミを入れているシーンがありました。決して嫌味のない自然な会話として成り立っていたのがとても印象的でした。
新体操競技の中で苦労したエピソードはもちろん、持ち前の明るさ、そしてコミュニケーション能力を合わせて持っているということなどを考えても、キャスターとして活躍するのはそう難しくはないように感じています。もちろんご本人のこれまでと現在の頑張りがあってのことだと思いますが、現状として新体操選手でそういう道を進まれている方は少ないという理由もあって、各方面で必要とされるのではないかと感じます。柔軟性やスタイル維持、チームワークなどは他のどのスポーツにも通じるところがあり、経験談を語りやすい部分もあるでしょうから。畠山愛理さんのこれからのご活躍を期待したいところです。

応援しています!

--
2018年6月20日発売の畠山愛理さん表紙の雑誌です!


楽天ブックス




楽天ブックス


特集Comment (0)

今知っておきたい新体操に関わる映画・MVなどの映像作品2018

最近公開された映像作品の中に新体操に関わるものがいくつかあることを知っていますか?
新体操経験者が出演されているもの、新体操の演技が一部分で使われているもの、そして映像作品の流れの主軸として新体操が関わっているものなど様々なものがあります。
今回はその映像作品を紹介してみたいと思います。


新体操経験者が出演されている映像作品

オーイシマサヨシ「オトモダチフィルム」MV より


まずは新体操経験者が出演されているオーイシマサヨシさんのTVアニメ『多田くんは恋をしない』オープニングテーマである「オトモダチフィルム」MVからのご紹介です!

オーイシマサヨシさんという方は、大ヒットアニメ「けものフレンズ」のオープニングテーマ曲である「ようこそジャパリパークへ」を作詞作曲した特にアニメ界で絶大な支持を誇るアーティストです。主にアニメテーマ曲などを作るときのカタカナ表記のオーイシマサヨシという名義とそれ以外の漢字表記の大石昌良の二つの名義を使いわけ、自らをアニソン界おしゃべりクソメガネと称し、歌も作詞も作曲もアレンジもライブMCもなんでもこなすことができるとてもすごいアーティストなのです!なお、その若々しいルックスからオーイシお兄さんとファンの方からは呼ばれているみたいです。(ただし、実年齢は38歳⁉)

MV(=映像作品)を見ていただくとわかると思いますが、画面左側のオーイシマサヨシ(男性の方)さんのパートナーとしてかわいく軽快なダンスを披露している少女が実は新体操経験者だったのです。

この少女の名前はウーリャちゃんといいます。
ロシア国籍のキッズモデルとしてCM、雑誌、広告、イベント、映画とマルチに活躍する女の子なのです!
所属する事務所の公式ページには、特技としてバレエ、新体操、アクロバット(前転・ブリッジ)ができると書いてあります。
ロシア国籍の新体操もできるスーパー少女がウーリャちゃんなのです!
ウーリャちゃんについてもっと知りたいという方は下記の所属する事務所の紹介ページをご覧ください。


オーイシマサヨシさんの「オトモダチフィルム」のCDはこちらです!発売初週のオリコンCD売上ランキングでは30位を、iTunesストアのダウンロードランキングでは第3位に輝いた名曲です!ちなみに、CD売上とダウンロードランキングの順位に開きがあることについて、オーイシマサヨシさんは、「CDの予約購入」という点について言及しています。要するに、CDが売れてないということではないみたいですね!


楽天ブックス


ついでにオーイシマサヨシが直近に販売したアルバムについては以下のカバーアルバム「仮歌」をどうぞ!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カバーアルバム「仮歌」 [ オーイシマサヨシ ]
価格:2800円(税込、送料無料) (2018/6/5時点)


楽天ブックス

こちらはオーイシマサヨシさんが作詞作曲し提供した楽曲をオーイシさん自身が歌っている仮歌を集めたアルバムとなっています。先述した「けものフレンズ」のテーマ曲である「ようこそじゃパリパークへ」のオーイシマサヨシさんバージョンの仮歌もこちらのアルバムに収録されているみたいです!

そして、こちらもついでなので合わせてご紹介させていただきたいのですが、漢字名義の大石昌良さんとして発売されている最新のCDが「パラレルワールド」というタイトルになっています。パラレルワールドという曲のMVがこちらにあるのですが、CD一本で演奏されているはずなのに、オーイシお兄さんのプロのギター技術によりなぜかドラム音のような音もなっているという新しい演奏法に注目です!ギター1本で演奏しているのにドラムの音も鳴っている?と疑問に思うのかもしれませんが、MVをご覧になっていただけたらその演奏方法の新しさに気づけると思います!
オーイシさんは鬼のようにエゴサをするのが趣味のようで、Twitterのフォロワー数も日々気にして生きているようなので、Twitterをやっておりオーイシお兄さんに興味を持ったという方がいらっしゃいましたら、ぜひフォローしてあげてみてください!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パラレルワールド [ 大石昌良 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/6/5時点)


楽天ブックス


新体操のリボン演技が一部分で映る映像作品

けやき坂46『期待していない自分』MVより


サイレントマジョリティーや不協和音といった大ヒット曲で人気の欅坂46の妹分的存在であるけやき坂46(通称ひらがなけやき)の1stアルバム「走り出す瞬間」のリード曲として公表されている楽曲の『期待していない自分』というMVの中にも新体操(リボン)演技が映る場面があります。
なお、1stアルバムは2018年06月20日発売とリリースまで間近となっています。ひらがなけやきは現在アルバム発売前のツアーライブを行っています。

新体操をしている場面が映るのはMVでいう0:27ごろと1:01ごろの一瞬です。
MVをご覧になっていただくとわかると思うのですが、このMVでは主に前半部分でひらがなけやきのメンバーが自分の特技を披露しているものが映像としてつながっています。
バレエのようなダンスをする子たち、バスケをする子、サッカーをする子、サックスをする子、ピアノ、バレー、そして新体操のリボン演技をする子など各メンバーの個性がわかる映像構成になっています。

世間に比較的広く認知されている漢字表記の欅坂46の一方で、まだ認知度も高くはなくどんなメンバーがいるのかも知ってもらえてないため、それを紹介するようなMV構成になっているのでしょう。

ちなみに、漢字欅とひらがなけやきの違いについては少々そのグループの違いを把握するのに時間がかかってしまいましたが、漢字はクールでひらがな明るい楽曲が多いというコンセプトの違いがあるようです。デビュー直後急激に売れた漢字と、その漢字の陰に隠れ、長い下積み期間を経て徐々に実力をつけていったひらがなという対称的なグループが欅>==<けやきという集団になっているみたいです。なお、当初ひらがなけやきは漢字欅のアンダー(研究生)的位置のグループとして結成されたにもかかわらず、今ではそのグループ全体で力をつけ、妹分的な完全に別グループとして昇格しているというみたいだから驚きです!たぶん運営の想定の上をいく実力をもった子たちだったということですよね?なんだか調べていて興味が湧いてしまいました。

本題と少し話がズレてしましたが、MVで新体操を披露しているメンバーについてご紹介させていただきます!
新体操リボンの演技をしているのは、ひらがなけやきのメンバーの柿崎芽実(かきざきめみ)さんです!

そして、柿崎芽実さんが新体操をやっていた経験者だということはこちらのエケペディアというサイトに記載されていました。どうやら過去のSHOWROOMという名前のライブ配信サイトを通して、柿崎さんがご自身で新体操をやっていたということを説明していたみたいです。

情報が載っていたエケペディアというサイトには、柿崎さんの細かい情報なども載っていて、熱心に情報をまとめてくれるファンの方がいるんだなぁと微笑ましく感じました。個人的には名前の由来がとてもイイなぁと感じました!発想がゆたかです!気になった人は柿崎芽実さんの情報をチェックしてみてください!


けやき坂46の記念すべき1stアルバムはこちらです!
タイプは通常版(CDのみ)とTypeA(CD+Blu-ray), TypeB(CD+Blu-ray)の3種類販売予定です。
Blu-rayがついているタイプには過去のひらがなけやきのライブ映像が収録されているようです!
また、今回のアルバム制作に関わり、ひらがなけやきの新曲を18曲3種類のタイプにわけて収録されているみたいなので、そちらも注目してみてください!

以下は楽天ブックスのリンクページをはっておきます。興味のある方は各販売サイトや公式サイトを参考にしてみてください!




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

走り出す瞬間 (初回仕様限定盤 Type-A CD+Blu-ray) [ けやき坂46 ]
価格:4344円(税込、送料無料) (2018/6/5時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

走り出す瞬間 (初回仕様限定盤 Type-B CD+Blu-ray) [ けやき坂46 ]
価格:4344円(税込、送料無料) (2018/6/5時点)



 

将来を期待された新体操選手がまさかの病に…今年絶対見たい映像作品

2018年7月14日(土)公開 映画『私の人生なのに 』予告篇より


なんで…?
という行き場のないどうしようもない気持ちでいっぱいになるような複雑な導入をベースとした映画作品です。
主演は知英さんという方が演じられています。
知英さんの人物像については以下の所属事務所のプロフィールページを参考にしてみてください!

ご本人のTwitterはこちらです。

知英さんのアーティスト名義はJYという名前なのですが、その名義としてこの知英さん主演映画の主題歌も同時に担当することが決まっています!

ちなみに、歌も歌えるというところから理解できると思いますが、知英さんは日本でも活躍した元KARAのメンバーだったのです!
今では多くの作品でご活躍なされているので、今回の主演映画以外の別の作品についても興味があったらぜひ調べてみてください。


2018年夏の公開とあと1か月ちょっとでのロードショーとなっているので、もし興味のある方は映画館に足を運んでみてください!

この映画の公式Webサイトを下に記しておくので、もし興味があればご覧になってみてください!上映する劇場の場所も公式サイトから調べることができます。上映している場所が少なめな印象ですので注意が必要です。

映画の原作である「私の人生なのに」という小説はすでに2016年に発売しているので、原作小説に興味がある方はそちらも合わせてごらんになってください。

【内容情報】(出版社より)
新体操の選手として将来を嘱望されていた、金城瑞穂。ある日、ふとした事故をきっかけに突然競技人生を絶たれてしまう。絶望に打ちひしがれる瑞穂に人生の転機が訪れるーー。瑞穂が再び前を向くきっかけになったのは、数年ぶりに目の前に現れた、幼馴染の淳之介だった。瑞穂と淳之介、それぞれが抱える葛藤や悩みを乗り越えながら、目指す新しいステージとは?
新進気鋭の作家・東きゆうによる涙なしでは読めない、青春小説! 装丁イラストは別冊フレンドで活躍中の作家・はつはる氏が描き下ろしました。
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
絶望のどん底から、再び「自分の力」で立ち上がっていくー。20歳の女性アスリートの再生の物語。
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
東きゆう(アズマキユウ)
漫画原作やゲームシナリオなどを手掛ける。『私の人生なのに』が本格小説デビュー作となる
清智英(キヨシトモヒデ)
ノンフィクションライターとして雑誌などで活躍。漫画原案なども手掛けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

私の人生なのに [ 東 きゆう ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/6/5時点)


楽天ブックス


特集Comment (0)